FrontPage | changes | index | create | search | preferences

swat

Last-Modified: Sat Dec 20 05:46 2014; Revision: 1.6; by momma
edit | copy | diff | history | raw
  1. インストール
  2. xinetd用ファイルの作成
  3. xinetdの起動
  4. rootで使えない

sambaの管理用webインターフェイス

[edit]

インストール

swatだけでなくxinetdも必要。 inetdも要るような事が書いてあるサイトもあるが間違い。

[edit]

xinetd用ファイルの作成

設定ファイルが無いとswatが起動しない。

  sudo gedit /etc/xinetd.d/swat

とでもして以下の内容のファイルを作る

  service swat
  {
   port = 901
   socket_type  =  stream
   wait = no
   only_from  =  127.0.0.1
   only_from += 192.168.0.0/24
   user = root
   server = /usr/sbin/swat
   log_on_failure += USERID
   disable = no
  }

ここで注意する点は、各項目間の=の前後にスペースが必要ということ。詰めて記載してはいけない仕様らしい。 192.168.0.0/24は各々のセグメントに合わせて変更する。

[edit]

xinetdの起動

  sudo /etc/init.d/xinetd restart

あとはhttp://localhost:901/を開く。

[edit]

rootで使えない

Ubuntuにはrootという概念が無いのでユーザモードでしか使えない。 海外のフォーラムでも

  sudo passwd root

でパスワードを作ったら?みたいな意見しかない。 確かにサーバ用途で考えればそれもアリかも。

[edit]

Momma's wikiはgithub内へ引っ越す予定です

Powered by WiKicker

日本大学理工学部へ 電気工学科へ 門馬研究室へ